2018/01/16

180116

今日病院行くということに昨日の夜気が付いた。
早起き…と憂鬱になったけど、
遅く気が付いた分、案じる時間が少なくて済んだのはよかったかも。
もっと先に知っていたら、寝だめ?するとか言いながら布団にもぐっちゃって
絵が仕上げられなかったかもしれない。

あまり寝ないで、まずは病院に行って、次は職場へゴー。
病院行くことで、不健康ながらも規則正しい私のサイクルが乱れた…。
さいわい、眠気はそれほど感じないけどね。

寝ると果てしなく眠いけど、寝ないと眠くない。
これって変?と思うときもあるけど。
耐えられないほど眠いときは、寝るでしょう。

朝8時に外を出歩くのは珍しい。
いつぶりだろう。思い出せない。
寒かった。
日が当たるところだけ、ぽかぽか。
普段は日光は嫌いだけど(かぶれることがある)、
今日は好きだった。

掛川を思い出した。
場所も違うし天気も違うから
朝の早い時間ということ以外の共通点はないけど。

朝が始まってワクワク、って感覚は
子どものころのある一日を原型として覚えている。

なにがあったわけでもなく、ただ起きて、
部屋から居間に出て、
窓から燦々と光が差し込むのをぼんやり見ていた。
木の床。足の裏が少し冷たい。
光に照らされたホコリたちが静かに動いている。
小さな小さなクラゲたちみたいに。
そんな朝。

こどもはできることが少なくて
大した役割も回ってこないから、
ときどき、世界の傍観者みたいになるのかな?
その状況に参加しているんじゃなくて
無に近い存在がいて、ただただ感覚だけがくっきりしていたような記憶。

もう少し大きくなって、大人になって、
自分で朝の支度をしたり、朝ご飯を作ったり食べたりしてても
あの子どもの頃に感じたような朝の実感は沸かない。
一番近いものを感じるのは
たとえば朝の道を歩いたりしてて、
他の家から流れてくる味噌汁の匂いとか(掛川で感じた)
少し聴こえる音たち。
テレビ、会話、窓の開け閉めの音。
なにもしない私が、ただぼんやりと感覚だけを取り込む。
傍観者の感覚。

なんでこんな話になったんだっけ?

>>>

今は朝はほぼ起きていないから
ワクワクもないし、これじゃない感もないし、懐かしさもない。
朝の高揚感は好きだけど…。起きられない…。
寝ながら起きていたい。
(おい)

>>>

楽しい一日をお過ごしください。

 

2018/01/12

ヒッチコックの「鳥」を見た。

新年初めての映画は、ヒッチコックの「鳥」。
気持ち悪+怖+面白い作品だった。

印象に残るシーンは…ほぼ全部だけど、
ヒロインのメラニーが二階の部屋(ブレナー夫人の?)で鳥の群れに襲われる場面が、とびっきりだった。

私の目がおかしいのか、異常な、歪んだエロティシズムが伝わってくるようで。
言ってしまえば鳥に犯されているようにしか見えなくて、えぐかった…。

解釈は見た人によって様々だろうけれども、私にとっては、鳥は完全犯罪者のメタファーのようにも思えた。
ある人は、鳥が人間を襲うはずがない、鳥にそんな習性はないと言って、鳥の無実を抗弁する。
ある人は、「あなたがここに来てから鳥がこうなったんだ」と、ヒロインを非難の的にする。
籠の中のラブ・バードのツガイは、つぶらな瞳でこちらを見返す。
「わたしたちが、そんなことをするはず、ないじゃないですか…」と訴えているかのように。
その二羽の鳥は、幾度かの疑いをかけられながらも無罪とみなされ、逃避するヒロインたちの車にまで乗り込む。

逃げるものの、不安は拭いきれない。
どこへ行ったって、そこには鳥がいる。
人間から与えられる餌を拒否し、人間を餌にし始めた鳥たち。
彼らは、その気になれば、いつだってあなたを支配することができるのだ。

くぁっ、はっ、はっ。

…みたいな。
希望と不気味さが共存するエンディングだった。

ヒッチコックの描く闇は、深くて、濃すぎて、犯罪に全く手を染めることなくここまで描けるのだろうか?という疑念すら湧いてしまう。
故人に失礼なことを書くようでアレだけど、それだけ彼が表現した世界に強い印象を受けたということですので、ご容赦を。

余談だけど、ブレナー夫人はどっかで見た人だな…と思って検索したら、「ドライビング Miss デイジー」に出てたおばあちゃんだった。(「鳥」では、まだまだ若いおばさまだったけど)
「ドライビング Miss デイジー」はすごく好きな映画なので、彼女を「鳥」でまた会えて嬉しかった。

あと、「鳥」を見ているうちに「ウォーキング・デッド」が自然と思い浮かんだ。
考え方によっては「ウォーキング・デッド」の鳥版…というか、「鳥」のゾンビー版が「ウォーキング・デッド」というべきかな?

最後に、Guillaume CORNEILLEという人のWoman and Birdを題材にした絵たちが強烈で面白いということをBGP(バックグラウンドペインティング…)として紹介しつつ、(暇な方はググってみて!)、今日の無駄話を終わりにしたいと思います。

楽しい一日をお過ごしください。

2018/01/09

180109


1.

冬の晴れた日は遠くまで見渡せるけど、
春が近づいてくると、視界が霞んで見える日が増える気がする。
空気中に水分やホコリが混じるからかな?

今日はあたたかくて、霞んで見えた。
まだまだ冬だけど、あっという間に暖かくなったりして。

今日も平和だのぅ。

2.

いろいろなことを
来年からは…と後回しにしてきたものの、
新年になったからといって
いきなりやる気が湧き出るわけでもなく。

むむむ。

昨日からの連続線上の今日。
今日からの連続線上の明日。

後回しが溜まりすぎて
手に負えなくなって
白紙に戻してゼロからやり直したい~!ってなるくらい
ダメな気分になるときもあるけど、
本当に零からまたスタートするのは、それはそれでめんどくさいかも。
疲れそう…。

だから、
5分だけ掃除しよう、とか
5分だけ集中しよう、とか
嫌な状態から
5分だけ離れる努力をしていくことにしている。

それくらいしかできないけど

まぁ、
それくらいしかできないので

それくらいにしておこうと思う。

3.

しばらく休んでいた
漢字ドリルでも再開しようかな。



そんな感じで、

楽しい一日をお過ごしください。




2018/01/03

貼るカイロ


1.

年越しはツイッターもインスタもしないで過ぎていった。

私のSNSがたまごっちだったら、年末年始の間に餓死したはず。

でも、SNSはたまごっちじゃないから、
ふらっと交流して、ふらっと休んで、またふらっと…ができるから、いい。



2.

どころで、新年明けましておめでとうございます。

どんな一年になるのかな。
良い一年になるといいな。

うっすら寒くて、カイロを背中に貼ったら、とてもあたたかい。
ホカホカ。気持ちいい。

このくらいの気持ちよさが続いていくような、
そんな一年だったら、まぁ、悪くないんじゃないかな。



3.

…と思っていたら、カイロが強力すぎで、なんか汗かいてきた。

やれやれ。



楽しい一日をお過ごしください。




2017/11/28

浮遊するバス

バスに乗るのが好き。

バスに乗って車窓から街の景色や行きかう人々を眺めると、世界が段々現実感を失う。

変な言い方だけど、「人間」という名前の魚が入っている大きな水槽を眺めているような気分…と言えばいいかな?

その、「人間の水槽」を眺めている自分も、段々現実感がなくなって、普段の私とは違う私がぼんやりと浮きあがってくる。

風や雲のように軽く、薄く、広くなって、ほぼ空気中に溶け込んているかような、ふわふわになった自分。

ふわふわと飛んで、誰かの家の2階の窓辺に置いてあるぬいぐるみや植物を見たり、台所の窓に映るお玉、フライ返しなど調理道具の影を眺めたりする。

そういうものたちをボーっと眺めていると、とても満たされるような、とても淋しいような、不思議な気持ちになる。

それだけ。

だけど、なんだか、好きなのだ。